Interview

インタビュー

志をひとつに世界へ

2007年入社

2007年 中途入社 
取締役 ブランディング・コミュニケーション部 / 統括
(兼 海外事業部統括 兼 レジデンシャル営業部統括)
入社後、商品仕入れ、インテリア営業、海外買付などの様々な業務経験を経て、2016年に取締役に就任。
バイヤーとして世界から他に無い差別化された商品を発掘、輸入する他、近年は海外の設計者よるグローバルプロジェクトのサポートも行い、2020年からブランディング・コミュニケーション部の責任者を兼任。

大きなステージでライフスタイルビジネスにチャレンジできる魅力

幼少の頃から海外のライフスタイルに触れる機会に恵まれ、個人の価値観で生活を豊かにすること、自分の生き方をデザインすることへの憧れを持つようになりました。学生時代には芸術を学び、優れたデザインのプロダクトへの関心から、ライフスタイルビジネスを自分の仕事にしたいという気持ちが高じてインテリア業界に入りました。

輸入家具営業の仕事をしていた前職の時から、YAMAGIWAは機能・デザインに優れた本物の商品を扱うパイオニア的な存在という認識を持っていました。当時は独立することも考えていましたが、YAMAGIWAを新しい活躍の場としたのは、より大きなステージでのライフスタイルビジネスにチャレンジできると考えたからです。

志をひとつにして、やりがいのある職場を作り上げる

YAMAGIWAで体得したことは、商品のスペック的な価値よりも、その商品を手にした後に生まれる豊かな暮らしや体験にこそ価値があるという事です。また、目に見えない価値を伝える難しさや、世界のどんな相手とも対等な立場でビジネスを進める大切さなども学びました。さらに、上司や先輩とのコミュニケーションを通じて、このビジネスの難しさを乗り越えることの意味や喜びを体験出来たことは、自分にとっての大きな財産となりました。ブランディング・コミュニケーション部では、この財産をフルに活かして、ブランディング戦略の立案を社外及び社内の双方に対し展開しています。有形・無形の会社の価値をあらためて言語化し社外へアピールするだけではなく、会社で働く仲間達が志をひとつにして、いかにやりがいのある職場を作り上げるという重要かつ難易度の高いミッションを達成していくことが、この仕事の最大の魅力だと思います。

個人の強みを組織の力に

我々の仲間は様々な専門家が集まった、良い意味で個性の強いプロの集まりです。皆自分の仕事に誇りを持ち、時にぶつかりあいながらもお互いを認め合い、各々の知識や経験を融合して仕事をしています。YAMAGIWAは多様性を受け入れ、尊重し、個人の強みを組織の力に変えることができる会社です。だからこそ常に専門性を磨き続け、任された組織を動かしていくために自分自身と部下の成果に責任を持ち、チームメンバーの強みを見つけ育てる事、失敗を恐れず、自ら考えて挑戦できる環境を整えることに力を注いでいます。

多様性を成果に

YAMAGIWAは2023年に創立100周年を迎え、次の100年に向け新たなスタートを切ります。これからの100年はテクノロジーの進化がもたらすであろう、大きな変化が待ち構えています。

しかし、テクノロジーが進化しても、「美」に感動する人間の心は変わる事はありません。YAMAGIWAは、照明を軸に日本の「美」、世界の「美」に向き合い、アートの領域で照明を捉える唯一の企業として、豊かな社会の創出に貢献できる会社です。この大きなステージで、インナーブランディングを通じてYAMAGIWA全体の組織力を強化して多様性を成果へと転換し、ハイエンドマーケットにおけるシェアNo.1の地位をさらに強固なものとしたいです。また、欧米におけるビジネスの拡販にチャレンジし、グローバルビジネスの成功を狙いたいと考えています。