Case Story

事例紹介

京都市京セラ美術館

Kyoto city KYOCERA Museum

歴史ある建築と新しい要素の調和による新たな空間の創造へ

Facility Information

所在地
京都市左京区岡崎円勝寺 124
主要用途
美術館
基本設計・監修
青木淳・西澤徹夫設計共同体
実施設計
松村組・昭和設計
照明アドバイザー
AZU設計工房
竣工
2019 年 10 月
掲載PDF
YAMAGIWA NEWS 20

Outline

概要

1933 年(昭和8年)に開館した現存最古の公立美術館建築である京都市美術館。創建当時の和洋が融合した建築意匠を保存しながら、現代的なデザインを加え、このたび新たに通称<京都市京セラ美術館>として生まれ変わりました。YAMAGIWA は、現存する照明器具の保存の観点から、現地調査を 2016 年より行いました。その結果、およそ 100 数点に及ぶ器具は、当時の雰囲気のまま現代の厳しい安全基準をクリアするとともに最新 LED を使用し、新旧が調和した復刻・復原を実現しました。また全館主要エリアの照明計画・調光制御システムを担当し、全エリアでタブレットによる調光制御を実現しています。展示室には、従来のデザインを踏襲しながらも、最新の LED ウォールウォッシャー照明を使用することで展示作品を最大限に活かす空間を創出しています。

メインエントランス

Product Information

照明器具
ペンダント LED LINE TYPE-I
F709BW + F710BW 特注加工

調光設備一式 (DALI 方式)

中央ホール

Product Information

X-series ダウンライト
X142CN特注ペンダント

スポットライト
T123CW

調光設備一式 (DALI 方式)

西広間

Product Information

照明器具(既存品)
復刻・修復・耐震化

調光設備一式 (DALI 方式)

貴賓室

Product Information

照明器具(既存品)
復刻・修復・耐震化

調光設備一式 (DALI 方式)

2F 陳列室

Product Information

特注ウォールウォッシャ

調光設備一式 (DALI 方式)

外観

Product Information

掲載商品