Interview

インタビュー

ソリューション営業の魅力

2007年入社

2007年 新卒入社 
ソリューション事業部/ 東日本営業部 営業担当
新卒として入社以来、これまで一貫してソリューション営業を担い、現在は営業支援システムの構築チームにも参加中。

入社前と入社後の印象の違い

2007年に大学卒業してYAMAGIWAに入社しました。 大学で1人暮らしを始めたことがきっかけでインテリアに興味を持ちました。自分の部屋をどのようにしていこうかということを考えるのが楽しく、その当時さまざまなインテリアショップを見て回りました。そんな中、当時秋葉原にあった「LIVINA本館」にたまたま立ち寄った際に、他のインテリアショップとは明らかに異なり、商品1点1点を贅沢に、きちんと展示するに目を奪われた感覚が今でも残っています。入社するまではYAMAGIWAは高級ブランドという印象が強く、自分には敷居が高いかなと思っていましたが、いざ入社してみると外から見るよりもアットホームな会社だというのが第一印象でした。

ソリューション営業はプロジェクトマネージャー

現在は、ソリューション営業の営業担当者として、主にBtoB向けに3つの仕事を行っています。

1つ目は、建物の新築や改修といった「プロジェクト対応」です。プロジェクトそれぞれに、クライアントの意向や要望、こだわりがあります。それらを実現する為に、社内外のリソースを、1つのチームとしてまとめて、プロジェクトの完成まで対応していく仕事で、いわゆる「プロジェクトマネージャー」的な役割を担っています。

2つ目は、「販促活動」です。クライアントへプレゼンテーションするために実際に照明器具を持参したり、ギャラリー・ショールームに誘致するなど、「YAMAGIWAの魅力」を伝える活動を行っています。 3つ目は、「業務改善」です。営業の仕事の効率性を高めるために、営業支援システムを導入・進捗するチームに参加しています。

ハイエンドな空間に身を置いてビジネスを進められる

ソリューション営業はただ商品を売るだけでは無く、『いかにクライアントの要望を叶えるか』を、社内外の専門性の高いチームメンバーと一緒に考え、空間を作り上げていけるところが最大の魅力です。クライアントの要望の実現の為に、クライアントとパートナーシップを築いて、緊密なやりとりをし、プロジェクトを進めていけるところも特長の一つです。また、クライアント(特に設計事務所やデザイン事務所)と継続した関係を築いていくためには「価値としての光」を提案するのはもちろんのこと、現場への対応から納期の遵守等を含めた全般的な工程管理を一つ一つ丁寧に実施することによって得られる「信頼感」が大切なので、プロジェクトが無事完成した際には達成感とともに安堵感も大きく感じます。個人だけの力では容易には関われないハイエンドな空間に身を置きながら、ビジネスを進められることはやりがいにもつながります。

スマートな会社に

YAMAGIWAはこれまで長年にわたり、数々の素晴らしい案件に関わっているからこそ、数々のノウハウが蓄積されているので、入社以来部署を問わず、上司や同僚の仕事の取組み方や物事の進め方、いい空間を実現しようとする姿勢など、多くの「学び」と「体験」を得ました。「光のノウハウ」等を含めたこれらを『形式知』として体系的に落とし込み、スムーズに共有することで、再現性を高めていけるような仕組みをつくりたいと思っています。その仕組みを社員全員が活用できる状態が前提で、それぞれの社員の個性や強みが生かされるようなそんなスマートな会社にしていくのが私の目標です。