Interview

インタビュー

違う道を歩んできたからこその経験を活かして新しい価値を創造したい

2017年入社

2017年 中途入社 
テクニカル室/ 室長
技術力を活かしてLED照明に最適な電源開発者として入社。マネジメント力の高さも評価されて照明設計・照明制御の2つの技術チームをまとめる新組織のマネージャーとして活躍している。

「感性に訴える価値」を求めて

過去の転職は当時所属していた会社の事情でチーム単位のものだったため、自ら選択した道ではありませんでした。初めて能動的に自分で一から選んだのがYAMAGIWAへの転職でした。長年エンジニアとして培ってきたスキルや経験、大事にしている「感性に訴える価値」を全てつなげられる場所がYAMAGIWAだと感じました。

「モノ」の価値は人間の感覚に訴える価値と利便性という機能面での価値の2種類があると思っています。機能面は最初驚きをもって歓迎されますが、急速に技術が進化する中であっという間に当たり前になってしまいます。一方で人の心を動かす価値は普遍的だと思っています。学生時代からオーディオやカメラなど機能よりも感情を揺さぶるモノが好きでした。歩んできた業界は全く違いましたが、そういった私の根源にある価値観とYAMAGIWAが目指す価値観が私の中で重なったため入社を決めました。

マネジメントしながらも一技術者としてありたい

入社して約2年間はYAMAGIWAが理想とする自然で高品位な「あかり」をLEDで実現するために、独自技術である「GRACE Lighting Technology」を新開発し、これを搭載したLED調光ドライバーを世に送り出しました。白熱灯の調光クオリティをLEDで実現する。そんな強いこだわりを持って開発に没頭し、商品化を果たせたことは大きな達成感に繋がりました。

現在はテクニカル室長としてチームマネジメントに主軸を置いています。いかにして個々の持つ専門技術や経験、スキルを共有し、融合し、チーム力で新たな価値を創造できるか。私がこれまで異なる分野で培ってきた様々な経験や視点を呼び水に、集団よりも個が強いこれまでのYAMAGIWAの風土を変えていく原動力になれたらと考えています。また、技術面に関してはプロフェッショナルである各担当者にお任せし、ものづくりに共通するプロセス・ルールを整えることで彼らがやりたい方向をどうサポートし、道筋を引いていくかも私の役割だと思っています。ただ、メンバーとあーでもないこうでもないというモノづくりのキャッチボールをしながら、マネジメントだけではなく一人の技術者として、まだまだこれからも関わり続けたいですね。

自分の武器となる引き出しを増やす

合計3回の転職を行ってきましたが、振り返れば、終身雇用では得られない様々な貴重な経験の機会に恵まれ、自らを成長させるうえでかけがえのないものだったと確信しています。転職したからこそ感じたのは、1社に長く勤めることの良さもありますが、同じ環境ゆえに視点や考え方が固着してしまいがちということです。もちろん新卒で入った会社で学び、育てて頂いたことが私の核になっていますが、思い切って転職し、あらゆることが驚くほどに違うことを経験したことで、物事の見方、捉え方がとても幅広く柔軟になったと感じています。最初はあまりの環境の変化に疲弊することもありましたが、このような機会がなければ経験出来なかったことは数知れません。経験ひとつひとつが自分の引き出しとなり、様々なチャンスに活かせることも多いですね。引き出しはたくさんあったほうが良いし、改めて財産だと感じます。きっと会社側としても中途採用者が入ることにより社内に一石を投じ、新たな良い変化が起こることを期待しているのだと思います。

「あかり」の力を信じて新しい価値を仲間とともに創造したい

どんなに優れた能力の持ち主であっても、一人で出来ることには限りがあります。仕事に垣根をつくらず、互いの強みを活かし合い、弱みを補い合い、のりしろを持ってチームワークを生むことが重要だと考えています。仲間の力を借りながら、常に新しい事にチャレンジする。そこで成し遂げられたことは、次からは自身の当たり前となり、気づけば1段階段を上っている自分に気づく。そんな経験を全員が実感できる、一緒に成長し続ける組織づくりに貢献していけたらと思っています。 新型コロナウィルスにより、これまでの当たり前が当たり前で無くなり、世界的に私たちの生活スタイルや働き方、環境そのものに大きな変化を余儀なくされる状況に置かれています。今後のwithコロナ、afterコロナの世界において、我々が作り出す「あかり」には、人々が抱えるストレスや不安を癒す力を持っていると信じています。照明の新たな位置づけや有り方、価値をYAMAGIWAが創造し、定着させたと後々評価される歴史的な爪痕を、YAMAGIWAの一員として仲間と共に残していけたら最高だと思っています。